教材ページの使い方

ここでは、教材ページの使い方について説明します。

おしらせ:
全てのページが、ここで説明するフォーマットになっているわけではありません。新しい講座、アップデートされた講座から順次、ここで説明する「形式」に沿います。

といリブの「教材ページ」の構成を説明します。教材ページの読み方がわかれば、「自分のスキルアップのために」あるいは、「講座を開催するために」学ぶことができます。

ページの構成

1ページが、1つの教材を表します。 上から下に、読んで利用 してください。

また、ページには目次があります。目次は「ワークに簡単にジャンプ」することができるので、活用してください。

ワークセクション

教材ページでは、「ワーク1つにつき、1ビデオ」になるように、ビデオを分けています。

ワークには、「設計意図」があります。これをチェックしてから、ビデオを見ることで「見るべきポイント」がわかりやすくなります。

ワークで使う資料も、表示されているので、ビデオの中で資料が出てくる場合は、適宜、参照してください。

動画の再生について

動画の再生は「倍速再生」が可能です。お急ぎの場合や、何度も閲覧したいときに便利です。

見るべき場所

私たちが、何かがうまく学べないときは、 「学び方に問題があり」 ます。ワークショップの参加者や、ファシリテーターの言動から、特定の「学び方」「姿勢」を見出し、ご自身の学習に生かすようにしてください。

まだ解決しましませんか? お問い合わせ お問い合わせ